スチールフレームを溶接から塗装まで、イタリアの自社工場で行うTommasiniはイタリアン・ハンドメイドフレームの代名詞といえるでしょう。 エレガントな細身のメッキラグのスチールフレームとカラーリングが多くのお客様の心を捉えて離しません。

Tommasiniの創始者であるイリオ・トマジーニは、彼がまだロードレースの選手だった1948年にフレームビルダーとなりました。 その後、ミラノで名匠ジョゼッペ・ペラに師事し、同郷である師からフレームビルディングのすべてを受け継いだ彼は1957年に、 いよいよ自らのブランドであるTommasiniを設立したのです。当初はOEM生産を主としていましたが、1970年代に入るとTommasiniのフレームは、 イタリアはもとより海外にも供給されるようになりました。そして今…世代が変わっても受け継がれてきた職人たちの技術と経験は、 フレームの細部のディテールや優れたジオメトリーに生かされています。さらに、それらが多くのサイクリストやプロレーサーに今も変わらず熱く 支持され続けていることをイリオ・トマジーニはとても感謝しています。だからこそTommasiniはハンドメイドにこだわるのです。

日本国内での販売はスチールフレームがメインです。これまではバネ感がありキビキビとした走りの「SINTESI」と、 軽量チューブでラグジュアリーな「TECNO」の2車種がほとんどでしたが、2010年にラインナップに加わわった「X-Fire」も好評です。 「X-Fire」は軽量・肉薄なステンレスチューブをTig溶接し、その技術の高さをあらためて証明しています。前述のとおり溶接から塗装までを 自社工場で行うTommasiniですから、カスタムジオメトリーやカラーオーダーにより、世界でたった一台のイタリアンハンドメイドバイクができあがります。 「乗る喜び」に「創る喜び」を加わえることができるのが、「Tommasini」のスチールフレームなのです。また「SINTESI」には定番カラーとして2色を数サイズ、 国内在庫しておりますので、お待たせすることなくお届けいたします。(サイズ・カラーによっては在庫切れの場合がございます。) 新色の「42NK」は、ブラックにゴールドの胴抜きのシックなデザインですが、メッキラグ&フォークを際立たせた、 ある意味派手ともいえるカラーです。この他、青の「8Z」白の「16EB」が定番カラーです。

Tommasiniは代理店制となっております。全国のTommasini Shopにてのみ販売しております。